内田写真の伝統と革新


酉之助の頃使われていた
写真台紙の裏面

古いけれども新しい

内田写真は初代酉之助(とりのすけ)に始まります。

酉之助は長崎出身。すでに東京の浅草で写真館を経営して大成功していた従兄弟の内田九一(くいち)に弟子入りし写真術を身につけた後、その九一から土地を譲り受け大阪天満宮の東隣に1871年(明治4年)、開業しました。

この年は大阪造幣局が開局、多くの長崎県人が大阪に集結。舎蜜(しゃみつ/化学のこと)の知識を多く学んでいた長崎県人がかなり多く造幣局に奉職することになっていたのです。

ちょうどこの年に発令された断髪令により、チョンマゲに名残を惜しむ人々で各地の写真館は大盛況でした。

明治時代の写真スタジオ撮影風景
明治時代の写真スタジオ撮影風景

酉之介には子供がなく、兄与七郎(よひちろう)の長男虎二(とらじ)に幼少の頃から写真術を教え込みました。

二代目を受け継いだ虎二は、1884年(明治17年)頃より軍隊の御用写真師として日清・日露戦争に出征する軍人の撮影を主な営業としていました。虎二には敬一(けいいち)と邦三(くにぞう)の二人の息子がおり、次男の邦三は幼少の頃から父の撮影をお手伝いしたといいます。

虎二がカメラ(組立暗箱)を立て、立ち位置に印をつけ撮影準備が整うと、邦三が撮影用に持参した帽子・サーベル・長靴を身に着けた軍人たちが次から次へと印に立ち、虎二がシャッターを切るという一連の作業が続きました。軍人たちが故郷の家族へ送る写真です。

  • 明治30年代中頃の婚礼写真
    明治30年代中頃の婚礼写真
  • 明治30年代中頃の婚礼写真
    明治30年代中頃の婚礼写真

1916年(大正5年)に虎二が亡くなった後、三代目敬一と邦三は、大正の不況の影響もあり上本町にあった店を閉店、今の天神橋二丁目の写真館のみの営業とし、その後、大阪天満宮のお引立てを受けて天満宮に於ける結婚式の専属写真館となりました。

兵隊さんから花嫁さんへ、まさに急転直下の転向でした。その後1920年(大正9年)敬一が神戸へ移り、邦三が四代目を受け継ぎます。若干27歳の邦三でしたが、天満宮の門前という地の利にも助けられ、お宮詣り(お宮参り)・結婚式などの撮影で着々と実力をつけていきました。

大正10年頃、天満魚市場開市50年記念の集合写真
大正10年頃、天満魚市場開市50年記念の集合写真

そして、一族の内田九一が明治天皇を撮影してから60年後の1932年(昭和7年)には、陸軍特別大演習が大和・河内平野で挙行された時、陛下大阪府行幸に際して府知事より、今度は邦三が昭和天皇を撮影する命を受けました。

大人数でも、カメラポジションは水平かつ、お顔が重ならない集合写真を撮る手法は、内田写真のこだわりとして現在にも受け継がれています。

  • 昭和5年のお宮詣り(お宮参り)写真
    昭和5年のお宮詣り(お宮参り)写真
  • 昭和5年のベビーフォト
    昭和5年のベビーフォト

6年間に及んだ第二次世界大戦が終戦を迎え、幸いにも戦火を免れた大阪天満宮、終戦後の結婚ブームそしてベビーブーム、お宮詣り(お宮参り)・七五三と大阪天満宮のお陰で内田写真館は大きく成長していきました。

1957年(昭和32年)には邦三の次男弘男が五代目を継ぎます。弘男には兄正と弟邦典がおり、自分自身は会計士として東京でのサラリーマン生活を経て正が開業していた計理事務所に勤務していました。しかし、相次いで兄弟を亡くすことで運命は急転、弘男は30歳にして写真業界に入りました。

昭和初期のベビーフォト
昭和初期のベビーフォト

当初、現像液の処方は師匠が弟子に教え伝えるという「写真術」としての父邦三の考え方と、メーカーが販売する調合剤を使用し合理化を主張する息子弘男との間では対立があったといいます。弘男が写真館を盛り立てる方法を模索していた頃、大阪では婚礼式場といわれた施設が次々にオープン、弘男は大阪天満宮の結婚式で培った技術を以って熱心に営業活動し店舗を拡大、弘男の長男昌彦は、少年時代から部屋中が酢酸の匂いなか父のフイルム現像やモノクロプリントを手伝いました。

1971年(昭和46年)には現在の六代目昌彦が入社、ちょうどカラー写真が登場し始めた時期です。「これからはカラー写真の時代」と見据え、「モノクロと同じく、やはり自分たちで撮影したフイルムは自分たちで現像しプリントして、お客様にお届けしたい」という強い思いで自社にカラーラボを整備、創業百年を迎えていきました。

  • 昭和30年頃の婚礼写真
    昭和30年頃の婚礼写真
  • 昭和30年頃の婚礼写真
    昭和30年頃の婚礼写真
  • 内田写真本社カラーラボ
    フィルム現像機
    (平成4年稼働)
  • 内田写真本社カラーラボ
  • 内田写真本社カラーラボ
    ペーパー現像機
  • 内田写真本社カラーラボ
    ロールペーパー処理機

当時のカラープリントは色持ちが不安定であり、最初の頃はモノクロプリントとカラープリントの両方をお客様にお渡ししていました。さらに昌彦は日本人の肌色に合った印画紙を求め、コダック社のアメリカ工場にUCHIDA Photographyと名札のついた印画紙製造ラインが設けられていたほどでした。

時代はガラス板から4×5フイルム、ブローニーフイルム、35㎜フイルムへ、写真撮影に使用される感光材料の変化はカメラの小型化をもたらし、屋外での撮影が可能となっていきます。

  • 内田写真本社スタジオ 奈良公園ロケーション撮影例
  • 内田写真本社スタジオ 奈良公園ロケーション撮影例
  • 内田写真本社スタジオ 奈良公園ロケーション撮影例
    内田写真本社スタジオ 奈良公園ロケーション撮影例
  • 六桜社製・四切アンソニー(昭和40年頃まで使われていたカメラ)
    昭和40年頃まで使われていたカメラ
    (六桜社製・四切アンソニー)
  • トヨビューGX4×5 (昭和30年後半~平成10年頃まで使われていたカメラ)
  • マミヤRZ6×7 (昭和50年後半~平成15年頃まで使われていたカメラ)
    平成10年台まで主流に使われていたカメラ
    (左:トヨビューGX 4x5、右:マミヤRZ 6×7)

現在スタジオへご来店になるお客様の中には「おじいちゃんのお宮詣り(お宮参り)の写真は内田さん」、「おばあちゃんのお見合い写真は内田さん」と話してくださる方々が時折おられます。「何世代にも残し続けていただける写真を撮りたい」という昌彦や先達たちの情熱は今日実を結んでいます。

  • 明治中期のポートレート
    明治中期のポートレート
  • 昭和30年頃の証明写真
    明治30年頃のポートレート
  • 昭和28年頃の入学写真
    昭和28年頃の入学写真

1994年(平成6)弘男は世代交代の時を感じ社長職を長男昌彦に託します。近い将来デジタル化の波が写真業界に押し寄せるだろうと察知した昌彦は翌年の1995年(平成7年)コンピュータ処理による写真加工技術を研究するチームを立ち上げました。当時は、まだデジタルカメラが普及しておらず、プリントをスキャナーでデジタルデータに置き換え色変換をしたり文字を合成したりすることで付加価値を感じることが出来た時代でした。

そして、そのわずか10年後の2005年(平成17年)には入力(撮影)も出力(プリント)も加工(修整)も全てデジタル化できる時代が到来、当社の使用カメラも35㎜フイルム・ブローニーフイルムを必要とするアナログカメラからCFカードで撮影するデジタルカメラに移行され始め、現像や修整もパソコン上で加工、2010年(平成22)には内田写真は完全デジタル化となりました。

  • 現在のラボの様子
  • 現在のラボの様子
  • 現在のラボの様子
    現在のラボの様子
写真セレクトの様子
写真セレクトの様子

昨今、写真はカメラ本体やスマートフォン、パソコン画面上で即座に確認でき、撮影の途中でどんなふうに写るのか確認しながら写真を撮れるようになりました。さらにインターネットやSNSの普及で海外からの情報を目にする機会も増え、お客様の写真の楽しみ方も様々、データをネット上で送信できる時代となりました。当社でも写真データの販売が始まっています。

これからの写真は、まさに感性の時代。お客様との会話のやりとりで「どんな写真が欲しい」のかを感じて撮影シーンをご提案していく、お客様に撮影をより楽しんでいただける雰囲気作りを私たちは心がけています。撮影したデータを見ながらお客様がお気に入りの一枚を選ばれる様子は私たちにとって最も嬉しい時間です。お客様のその一瞬を残したいという思いが形になった瞬間です。

スタジオに来られるお客様の年代も様々です。ご家族何代にも渡ってお越し下さる方々、就活中の社会人の方々、お受験や七五三の撮影に来られる小さなお子様…。最近では女子大学生のみなさんが「お友達の誕生日に写真館で記念写真を撮ってみたい」と来店されます。初めは緊張気味の皆様が実際の撮影をとても楽しんでくださり、撮っている私たちもうれしくなります。

写真を生業として百年と数十年。時代の流れに呼応するかのようにお客様が求められる写真は様々にそして多様化してきています。内田写真は「そのお客様らしさ」を写真に残すという情熱を伝統に、日々アンテナを張り巡らせてお客様の好みに合った写真をお届けしてまいります。みなさまがずっと大切に残してくださる写真を撮り続けられるように。これまでも、そして、これからも。

  • 最近のスタジオ撮影風景
  • 最近のスタジオ撮影風景
    最近のスタジオ撮影風景

写真技術伝承の祖・内田九一

寫眞師 九一堂萬寿 内田九一のスタジオの外観の様子(銅版画)
寫眞師 九一堂萬寿 内田九一のスタジオの外観の様子(銅版画)

19世紀中期、日本が幕末から明治に代わろうとしていた時代、写真は「写真術」と呼ばれ薬品の調合から写真を焼き付けるガラス磨きまで幅広い知識と技術を必要としました。

写真の黎明期に活躍した内田九一は32才という若さで一生を終えますが、長崎で生まれた彼は駿馬のごとく幕末明治の時代を生きます。

初め蘭学医ポンペ(Pompe Van Meerdervoort、1829~1908)から写真術を教わりながら研究を深めた九一は、持ち前の行動力と周囲の人望を受け江戸に向かいます。そして、横浜の馬車道、東京の浅草に写真館を設けて様々な著名人、歌舞伎役者、たくさんの人を写しています。

彼の活躍は、司馬遼太郎(著)『胡蝶の夢』、クララ・AN・ホイットニー(著)『勝海舟の嫁 クララの明治日記』、浮世絵の中にも垣間見ることが出来ます。

内田九一(1844〜1875)
内田九一のポートレート(全身座り姿)

また、九一の得意とするところには、風景写真や屋外へ出張して撮影する集合写真があります。当時の撮影機材はもろくて重く何人もの人足を必要としながらも、人々の欲しいイメージを形にする九一の写真撮影に対する情熱を感じます。

内田写真では、大阪の京橋に写真ギャラリー(GALLERY UCHIDA -The 19th Century Photograph of The World)を設けております。当ギャラリーのテーマは写真師内田九一と19世紀の世界の写真。1939年にフランスのパリ化学アカデミーで発表されたのをきっかけに人々に広まっていった写真を出来る限り当時の姿そのままの状態で展示しております。

入場は無料、10:00~18:00(お盆および年末年始のぞく)自由にご覧いただけますので、皆さま是非ご来館ください。

GALLERY UCHIDA
〒540-0001 大阪市中央区城見2丁目2-22 マルイトOBPビル3階 【地図】
電話06-6943-0779

※展示替えにつき8月末は休館する場合がございます

  • 最近のスタジオ撮影風景
  • 最近のスタジオ撮影風景
    猿若町芸者 小菊(豊原国周 1875年頃/浮世絵)
    ※写真台紙の裏に『九一』という文字
GALLERY UCHIDA -The 19th Century Photograph of The World
  • ヒストリー08
    ギャラリーウチダの様子
  • ヒストリー09
    ギャラリーウチダの様子
内田九一が撮影した写真たち

▲ page top